2007年10月07日

中古マンション 神戸

保険といって一番に思いつくのが「生命保険」だと思います。「生命保険」は人にかけるもので、事故や災害などによる経済的損失(負担)に備えるための保険制度です。


生命保険には、主に3種類あり「終身保険」「定期保険」「養老保険」と言われます。「終身保険」は、保険期間が一生涯続く保険。「定期保険」とは、保険期間が決まっている保険。「養老保険」とは、保険期間が決まっていて、満期時に生存していた場合は満期保険金が保険金と同じ金額で受け取れる保険のことを言います。


生命保険」は自分がもしもの時に、残された家族に不安を与えないように今から準備できる唯一の貯蓄です。貯蓄と言っても、契約した時点から払い込んだ保険料に関わらず、契約した金額を受け取ることができるのです。


「生命保険」には保険料、払い込み期間、満期時の受け取り金額など様々なプランがありますのでよく比較して検討しましょう。そして自分に合ったを保険を契約し、貯蓄と同時に安心も手に入れましょう。


マンションを購入したいのですが、最近、家のポストに入ってくる広告チラシに「勤...
マンションを購入したいのですが、最近、家のポストに入ってくる広告チラシに「勤続年数の浅い方」「派遣の方」はご相談(ローンについて)下さい。と書かれた広告をよく目にします。自分は、今休職中で、関西の外れに住んでいます。就職をする際は大阪か神戸近辺に出ようと思うのですが、賃貸を借りるのではなく、マンションを買いたいと思っています。内定が出たら、ローンを組めることは考えられるのでしょうか?また、あの手の広告はどうして勤続年数が浅くても、ローンが組めてしまうのでしょうか?(ちなみに欲しい物件は、3LDK以上であれば、築10年くらいでもかまいません。頭金は30万円くらいは用意出来ると思います。)(続きを読む)


契約した中古物件がシロアリなどの瑕疵物件だったら?
契約した中古物件がシロアリなどの瑕疵物件だったら?現在、中古住宅を契約中です。 800万円位のリフォーム予算で、銀行ローンも申し込みました。 建物に関しては「現状有姿」と仲介業者から何度も言われ、契約時も「現状有姿」と念を押されました。 「現状有姿」とは、万一床下がシロアリに食われちゃってボロボロでもう建直すしかないような状態でも、この条件で契約してしまったら、すでに手遅れなのですか? 契約時の「物件の状況」の用紙は全て空欄です。 引渡し前なので、床下まで調べられないのです。 上物は古い割にはとても大きくてきれいで満足です。仮に建直さなければならないとしても、残念ながら同じ建坪は私にはムリそうです。 例え、建坪をうんと狭くして建直したとしてもリフォーム代の予算ではとうてい適いません。ローンの設定も一からやり直しですよね。立地が気に入って決めたので、建直しは覚悟の上の築27年の建物です。 仲介業者は耐震診断をしたいと言ったら「耐震補強工事は金がかかる」と見当はずれの返答をしたりで、二言目には「現状有姿」を主張します。 相談するにも頼りないような信用できないような事ばかりです。 すでに契約は済ませましたが、引渡し前に自分で何かできる事、やるべき事がありましたら教えて下さい。 「そんなの契約前にする事!」や「中古住宅を契約したのが悪い」というだけの返答はいりません。(すみません。。。)契約後だけれども、引渡し前の今だからできる事を前向きに考えています。(続きを読む)



〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

関連するブログ情報を探してみました^^


結構あったので参考にしてみてください^^


5つまで探してます^^


=================

posted by りびー at 11:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。